2011年03月25日

パチスロ機械割

パチスロに機械割という単位がある。

ネット内検索で説明が出てくる。ほんわか書いてある説明が多く、わかりづらい。

機械割が例えば1.05 なら

100枚使えば平均105枚払い出されるということ
10000枚使えば平均10500枚払いだされるということ
1枚使えば手元に平均1.05枚払いだされるということ
(ただし、パチスロ的な「とりこぼし」はない場合の数値)

まぁ、それだけなのだが・・・。

ここで勘違いしてはいけないポイントがひとつあって

銀行の年利が1.05だったら
10年後には1.05の10乗=約1.63 ですごくプラスだ。ウハウハだ。

だが、パチスロの場合はどんなにメダルを持っていようとも
毎回投入するのは3枚と一定なのでどこまで行っても1.05倍なのだ。

違った言い方すると、機械割1.05の場合は
1回プレイする毎に 20円×3枚x0.05=0.75
「0.75円もらえる内職」みたいなもの。

パチンコ、パチスロはギャンブルではあるが、時給バイト的に地道なのだ。

posted by いわいまさか at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

パチンコ屋のパーセント単位

パチンコ屋で隣の人に「その台は100パーセント来てるね」と言われたときに鵜呑みにしてはいけません。

・だいたい、それは20パーセントぐらいのことを指しています。(観測値)
・5分や10分で大当りが来た場合、「ほら言ったとおりだ」と なります。発言との因果関係が薄くてもこれは許せます。
・1時間後に来たときにも、「引くのに時間がかかった」と なります。
・しまいには当たらなくても「来てたんだけど、大当りは引けなかった」とか、なります。「おまえの引きが悪い」みたいなことです。

そりゃ、「100パーセント来てる」わけです。

でもだいじょうぶです。本当に来てるときは「200パーセント来てる」と言ってくれますので。過去、聞いたことのある数値で言うと「1万パーセント」くらいまではあります。

追加:パーセントと書きましたが、パチンコ屋においては、パーが正式な表現でした。だから、「その台は100パー来てる」と言います。
posted by いわいまさか at 18:54| Comment(1) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

パチンコ・パチスロのやめどき

パチンコ・パチスロの「やめどき」という話があります。

自分の結論からいうと
1.「やめどき」などというものはありません。
2.「やめてはいけないとき」というのはあります。
3.「やめどき」が書いてある記事はしょぼい記事、しょぼい雑誌と疑った方がいいです。
4・「やめどき」があると思ってそのときにやめるのが気が楽なのはわかります。

1の補足
これ以上打ったら負けるみたいな台は最初から打ってはいけないことになります。打ってた台がどうも出ないのでやめるのは、その台がよくないので、やめるのであって、よくゆう「やめどき」とは違います。

2の補足
でも、「やめてはいけない」ときはあります。明らかにその打ってる状態がプラスのとき、やめると損なのでやめない方がいいわけです。よくある記事で「やめどき」と書いてある記述はこの「やめてはいけない」ときの裏返しがかいてあります。

3の補足
ちゃんとした記事には実は「やめどき」に関する記述がありません。信頼できる白夜書房の記事と他のナゾ雑誌の記事を比べてみればわかります。

4の補足
上記は収支をプラスにするというコンセプトにのっとった形です。パチンコ・パチスロを広い意味で楽しむという意味では、「やめどき」があると思って、そのときにやめるのも、気が楽でいいかもしれません。
posted by いわいまさか at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

パチスロで右脳を鍛える?

パチスロは今はやってません。過去のおいては万枚ゲット2回経験レベルの腕前(根性?)です。
と一様断っておいて、

パチスロでやる作業は、
1.コインを皿から拾う
2.コインを投入する。
3.クレジット投入ボタンを押す。
4.レバーを叩く
5.ボタンを押す×3

よくあるうち方は、左−左手、右−右手として

前の方法
1左
2右
3右
4右
5右

1から2で左手から右手にうつしかえます。自分も最初はそのうち方でした。かなり利き腕とはいえ、右手ばっかし使うパタンです。

ある日、もっと効率いい打ち方はできないかってことで、

改善後の方法
1右
2右
3左
4左
5左

にしました。コインは右手の片手で皿から拾い、持ち替えずに投入までいきます。
その他のことは左手でメンドーを見ます。慣れるまでは少しかかりました。
これにしたら、楽に最高速でパチスロを回せます。前の方法でも最高速で回そうとすると回せないことはないんですが、なんといったらいいか、余裕が違います。ジュース飲みながらやってみるとわかります。オススメです。

**************************

で結構、改善後の方法は左手を使うので右脳を刺激するのではないかと思っておりますです。ハイ。





















posted by いわいまさか at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

パチンコ屋で ニヒャク+サンジュウゴバンダイ+スタートシマシタ

「235番台スタートしました」
パチンコ屋でよく聞く店内アナウンス

実際に店員がしゃべることもある。あれも一種のDJか、少なくともゲームセンターの店員よりはレベルが上。

今回の話は自動で機械がしゃべるときの話。
まるっきりの音声合成でなく、人間の声の録音を足した形をとっている。

「音声合成だ!!!」などと鼻息あらく出始めると頭の中で考えてケチルと
「ニ+ヒャク+サン+ジュウ+ゴ+バンダイ+スタート+シマシタ」
みたいなことになる。これではあまりにブチブチでかなり不自然。

実際のお店への導入当時、黎明期は
「ニヒャク+サン+ジュウ+ゴ+バンダイ+スタートシマシタ」
みたいなところもあったように記憶しています。

今はそれが改善されて
「ニヒャク+サンジュウゴバンダイ+スタートシマシタ」
になっている。サンジュウゴバンダイのとこが一気読みです。つまり、

イチバンダイ
ニバンダイ
・・・
・・・
・・・
ジュウバンダイ
ジュウイチバンダイ
・・・
キュウジュウハチバンダイ
キュウジュウキュウバンダイ
の100個ぐらいの音声がマルマル、録ってあるわけです。これなら結構自然。

さらに言うと、自分の観察・記録が正しいならば、
「ヒャクバンダイ」  <−ここが特別に用意してある。
「ヒャク+イチバンダイ」
「ヒャク+ニバンダイ」
と「ヒャク」の他に「ヒャクバンダイ」の一気読みも用意してあったと思う。
posted by いわいまさか at 17:29| Comment(0) | TrackBack(1) | パチンコ・パチスロもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

ポパイのキャラたち

最近、パチスロ・ポパイというのが出ている。そこに出てくるキャラを列挙しながら、昔のテレビ作品を思い出してみる。記事中の「かっこ」は耳に残ってるそのキャラのセリフ

順番はなんとなくアニメ作品においての主要な順

■ポパイ   「だいじょうぶだよ、オリーブ、笑うとちょっと痛いだけさ」
■オリーブ  「ポパーイ、もうあなたとは絶交だわ」
■ブルート  「ポパイ、悪かったよ、仲直りしようぜ」
■スィーピー  どこかにハイハイしてでかけてしまい、危険な目にあうがぎりぎり助かり、かわりにポパイが痛い目を見るのが定番。
■ウィンピー 「ポパイ、きっと返すからさ、ハンバーガおごっておくれよ」エンディングが「♪ウィンピー・ザ・バーガーマン」なんてこともあった。
■ジープ   かなりマニアックな方のキャラだと思うが、パチスロでは出ずっぱり。「ジープ、ジープ」(鳴き声?)

昔のポパイのアニメにはもっとたくさんキャラが出てくる。逆にいうとポパイ以外のキャラはオリーブ以下すべてセミレギュラー的あつかい。時にはポパイが脇にまわることもあった。

自分の覚えているキャラ

■アリス        怪物?大女 「フフフフフフー」(ポパイが好きといっている)
■魔女         ブルートが出ないときの敵役
■博士         タイムマシンの研究をしていて何故だかポパイを実験台に使う。
■甥の5つ子      ポパイの甥の子どもたち、いたずら好き「ねぇ、ポパイおじさん、お話しておくれよ」「グー、スー、ピー」(寝ている真似)
■ひいひいおじいさん  「ひいひいおじいさんのそのまたひいひいおじいさんの話だ」とポパイの話として出てくる。
posted by いわいまさか at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

今年はいつもより多くなってます!

青葉台にビッグスペースというパチンコ・パチスロ店がある。ビッグスペースは漢字で書けて「大宇宙」。ここの広告がいつも??なのでご紹介。

■白髪
数年前、店の前に看板がでてて、「出玉、爆発、思わず、白髪」というコピーが出ていた。

ゴロはいいし、意味はわかる。ショックで一晩にして白髪になったみたいなネタは漫画や映画に出てくる。しかし、髪の毛が白髪の人もお客として主流なのを考えるとNG。しばらくして看板はなくなった。

■50台以上
数ヶ月前、パチスロへの入り口に「設定 5・6 50台以上」となっていた。

本当に設定5や6の台を1日50台以上いれてると凄いが。そんなわけは無いなと思ってみていた。そこはパチスロ機の全体でも100台も無いんじゃないかな。

1、2週間したら、張り紙「??」が加えられて
「設定 5・6 ??台以上」となってた。もはや何を表してるのやら。

■今年はいつもより多くなってます!
そして最近、ポスターが貼ってあってそこには、
「今年はいつもより多くなっます!」「新装開店」「花粉前線」と書いてある。怪物くんが花粉前線入りの日本地図を指示棒で指し、ニューパルサーのカエルがマスクをしている。

もはや何をいいたいのかわからない。「花粉の量が多い」のと何をかけているのだろうか?それさえも簡単に答えがみつからない。「新装開店イベントがいつもの年より多いこと」とかけてるのだろうか? 新装開店イベントはうれしいことだけど、花粉はうれしくないことだなぁ。う〜〜〜〜〜〜ん。?????

目を引くことは引くが、いつも気持ちにどよっとしたものが残る広告ばかりだ。
posted by いわいまさか at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

コンビニレジの垂れナシ7で超反応の話

http://www.h6.dion.ne.jp/~k_lab/topics/31_11.html#111に記事があって、もとは自分の話。kohfuhさんが書いた記事はニュアンスが違ってるので、自分でも書こう。

コンビニに行って金の支払い、おつりの受け渡しのときにレジの表示を見ると思う。そんなときの話。なんのきなしに見ていると、これは何かしなきゃという衝動に駆られてた。特に右手が反応。そのときに見ていたのがデジタル数字の垂れナシの7あるいは77。(何回も経験しているので)※垂れナシ7、垂れアリ7、はkohfuhさんのページ参照のこと。

理由はというと、パチンコのダイナマイトやエキサイトをやっていたため。

ダイナマイトは権利物といわれる爆裂連チャン機。通常のパチンコがデジタル数字3ケタであるのに対してダイナマイトはなんと1桁。出目の1〜8のうち7が大当り、3が小当り(大当りへの予兆の役割)となっている。7が出ると右打ち。

エキサイトはアレパチといわれるこれも、爆裂連チャン機。こちらは2桁。77、と33が大当り。大当りが出た後、急いでチャッカーに玉を入れる必要あり。そうでないとなんと大当りが無効!!!
「大当りが出ても玉をちゃんと入れないと無効」ってところがかなりの瞬発力と集中力と持続力を要します。1日やって30回も大当りすると1回ぐらい失敗するかもぐらいな割合です。

ダイナマイトもエキサイトも採用しているデジタル数字が垂れナシ7だった。このころ自分の記憶では、垂れナシ7採用機種の方が垂れアリ7採用機種の方が爆裂度高い=お客にやさしいとなってます。

最初はこんな感じだったはずだけど、
 デジタルが大当りを表示−>数字が7だと判定する−>何をすべきか考える−>玉をうつ
やってるうちに条件反射的に
 デジタルが大当りを表示−>−>−>−>−>−>−>−>−>−>−>−>玉をうつ
となっていくわけです。
極端な話、それは7だという判定もしなくなるわけです。ゆえに、垂れナシ7から垂れアリ7かは違う絵なので、反応が違うんです。

と、だいたいそういうことです。
posted by いわいまさか at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。