2008年08月27日

シネマイッキ塾 ダークナイト

 初めてターザン山本!のシネマイッキ塾に参加した。

 テーマが「ダークナイト」と「コレラの時代の愛」だった。「ダークナイト」は既に観ていた。「コレラの時代の愛」は折角なのでその日の午前中から渋谷bunkamuraで観た。テーマになっていなかったら見なかった映画だ。

 コレラの時代の愛は観始めて数分で「観るのを止めて出る」という選択肢がちょろっと頭の中を横切ったが思い直して、結局最後まで完走。今になってその分岐点はなんだったかを分析すると、ヒロインのおっぱいが出たところだったかなぁ。

 そして、2008年8月23日(土)18:00から秋葉原のルノアールニュー秋葉原店。ターザン山本!にあうのも久々だ。

 参加者はターザン山本!、ダチキン、吉永さん、タニケン、夢香さん、いわいの6名。何れも面識のある方々で、新しい人にあえなかったという意味では残念。

 手ぶらで行くのが寂しかったので、まさかのパズル: 悪役を中心に見る映画の表をプリントして持っていった。

 ダークナイトはみなさんに好評だった。ターザンの会合での論議は是非論になることが多い。それで言うとゼゼゼゼゼーッという調子。まぁ、この日の会話中で、「是非」というコトバは使われなかったが。

 参加者のアトリビュートの印象をかってにタグづけしてみた。

 洋=洋画好き (いわいが邦画好きなのでその比較において)
 邦=邦画好き
 興=興行的な見方をする、できる
 愛=愛を語りがち
 多=映画いっぱい見てる
 識=キャスト・スタッフ等の知識豊富
 雑=情報通・雑学強し
 怪=怪獣・妖怪・アクション映画好き

ターザン山本! 洋 興 愛
ダチキン    洋 多 識
吉永さん    興 雑
タニケン    
夢香さん
いわい     邦 怪

 映画を他人と語るのはおもしろい。

以上
 
posted by いわいまさか at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

悪役を中心に見る映画

 ゲゲゲの鬼太郎を見た。「本当に悪いのは人間」というテーマがあるにも関わらず、悪い人間が出てこない。スポットライトがあたらない、キャラがたってない。

 「もったいない」。ゲゲゲを観た後に、いっしょの仲間との会話を経て「映画は悪役が悪いほどおもしろい」という、ひとつの結論を得た。

 後日、「ダークナイト」を観に行った。いやーぁ、ジョーカーは悪い。というか、狂気。映画のコピーだと「最凶」となっていた。「普通の悪はそれほど悪くない」と思えるくらい。

 最近観た映画を「悪役がどれだけ悪いか」で点数をつけてみた。2点となっているのは、ある意味合格点で、「そんなに悪くないけど、キャラはたっている」といった感じ。

                悪役
崖の上のポニョ           お父さん?  0
ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発  ?????    0 
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌       村人たち  1
カンフー・パンダ 敵のヒョウ  2
劇場版 仮面ライダーキバ/魔界城の王 ホリケン  2
炎神戦隊ゴーオンジャー ソニン   2
インディ・ジョーンズ/クリスタル・・ロシアの女    2
ザ・マジックアワー           西田敏行   2
スピード・レーサー           スポンサー  3
インクレディブル・ハルク     彼女のオヤジ  5 
ダークナイト ジョーカー 10

 ポニョには悪い人は出てこない。悪役論に関していうと、それはそれでいい。だが、ストーリーが????なのがキツイ。

 ギララはコメディーというジャンルにカテゴライズされていた。でも「お笑い」にはなっていない。ボケもツッコミもなければ、良い人も悪い人も差がなく・・・。しかし、この映画を作りきったパワー、作ることができたラッキー?は羨ましく思う。

 スピードレーサーは悪い奴が悪いし、そいつをやっつける感じ。ストレートな作品。

 ハルクは「彼女のオヤジが悪い奴で・・・」って書くとホームドラマみたいだけどそうでなく・・・。
posted by いわいまさか at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

ワンフェス群馬亭

 2008年8月3日(日)。昼過ぎ、ゲームセンターで遊んでいたら、知り合いからメールが入った。「ビッグサイトで事故が起こったってニュースが流れてるけど、はまってないよね?」。「これから行くところ」と返事を返す。ワンダーフェスティバルに行く予定を話してあった。

 妹の旦那が原型師の山崎シゲル。ワンフェスに出展しているというのでそこにいってみる。この日はもともと、浜松町のイベントルームにダンス(メインが夜8:00〜)を観に行く予定だったので、その前に立ち寄る感じで。

 ビッグサイトで入場料を払い、許可証代わりのガイドブックをもらう。会場内のエスカレーターは全面的に止まっていた。

 「群馬亭」という名前で出てるハズ。もくじを見るが、カ行の項にはみつからない。アレッ、「山崎」でヤ行を探すがそこにも無い。

 本人に電話をかけてみるが、出ない。妹に電話をかけてみる。通話圏外の案内。ABCDEとある会場を全部回ってみる。つまり、動かないエスカレーターをカンカンカンと上がり下がり。会場内は暑い。何を展示しているかも今一わかってないので、もともと期待薄で案の定、見つからず。

 もう帰ろうかなと思って最後にまた妹に連絡をとってみるとつながる。最終的には、場所ワリの番号を教えてもらい、めでたく山崎シゲルに会う。
 
 「もくじにのっていなかったよ」と話すと、「モンスターショップ&群馬亭」で出てるという。それでは見つからないはずだ。

 群馬亭は山崎シゲル含む3人のグループで運営しているという話。その日は、「ケムール人のガレージキット」(茂木栄一)を一体購入して帰る。デフォルメの仕方が楽しいやつ。当日版権とはいえ、ウルトラマンやウルトラQに関われるとは羨ましいなぁ。

 自分の場合、ケムール人の完成には長い時間あるいは無限時間かかる。この記事のために出展の様子を写メしとくべきだったと後で反省。

 群馬亭HPはこちら

yama.gif

posted by いわいまさか at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

最近観た映画、観たい映画

 最近、観た映画(○印)と観たい映画(⇒)。
 リストアップ。リンクは各公式ページ。

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
ザ・マジックアワー
カンフー・パンダ
スピード・レーサー
インクレディブル・ハルク
赤んぼ少女
落語娘
ドラゴン・キングダム
ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発
ミラクル7号
純喫茶磯辺

 この夏は、観たい映画が多い。ざっとあげてみた。怪獣、妖怪、空手、特撮モノは重要。テンポよく観ていかないといけない!

 今のところ、観たと自慢できるという意味ではスピードレーサーが一番。他のは有名どころなので。
posted by いわいまさか at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

「7」

 この記事は、こんわかい・NEWS2008年「8月号の宿題」の「数字で見るパズル界」向け用。

############################################################

7seg7.jpg

 これは何かというと7セグメントLED表示の7。フォントが2種類あってこれは「タレ」がない方。

 岩井はこの数字を見ると反応する、燃える。例えば、通勤で使っているバスの中。行き先案内表示機構の裏側の内部機構に「7」が出ていると「おっ」と目が行く。

 「なんで?」

 1992年平成4年ごろの話。パチンコをよくやっていた。好きな機種がダイナマイトとエキサイトだった。

 ダイナマイトは大一商会の権利モノ。通常のパチンコがデジタル数字3ケタであるのに対してダイナマイトはなんと1桁。液晶なし。玉は抽選の前に上下する役モノによる振り分けがある。出目の1〜8のうち7が大当り。3が小当りで、しかも、大当りへの予兆、天国モードへの入り口の役割になっている。当たると爆音が鳴る。サンプリングレートが低いので「コーッ」とタンがカランだような効果音。7が出ると右打ち。爆裂連チャン機。

 エキサイトはアレパチという種類の機種。メーカーは藤商事。これも、爆裂連チャン機。こちらは2桁。77と33が大当り。チープな音源で奏でるファゴファゴーというファンファーレ。大当りが出た後、急いでチャッカーに玉を入れる必要あり。そうでないとなんと大当りが無効に!!!「大当りが出ても玉をちゃんと入れないと無効」ってところがかなりの瞬発力と集中力と持続力を要した。1日やってると30回も大当りすると1回ぐらい失敗するかもしれない緊張感。

 よかったな、この時代は・・・。この2機種は大当りのときの表示がタレのない7セグ7だった。当たった喜び+出た瞬間、右打ちをしなければならないこと(下手するとパンク!!!)+その後の天国モード出玉。この経験がタレのない7セグ7を見るとビクッとしてワクワクする条件反射を形成した。

 パチンコの機種の中にはタレあり7セグ7を使っていたマシンもあったが、オイシイ経験をした記憶が薄い。説明した2機種が爆裂レンチャン機の大代表・両横綱だったことを思うとそれは偶然ではないこと。だから、同じ感覚を持っている人も世の中にはいるのでないかなぁ。

############################################################

参考リンク
Kohfuh's Lab:あれやこれや:110-119
まさかのパズル: コンビニレジの垂れナシ7で超反応の話
7セグメントディスプレイ - Wikipedia
posted by いわいまさか at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

ヒップホップとポッピング

 今、ダンスを習いに行っている。先生はTOZAWA(ホームページはこのあたり)。週に1、2度。ジャンルはヒップホップ。最近、ポッピングも2回ほど行ってみた。そこで、感じたことがある。

 ヒップホップの方が激しく動的、ポッピングの方はそれに比べ静的に見える。というか、実際にそうなのだが・・・。

 しかし、実際に踊ってみると、自分の場合はヒップホップの方が全然、楽だ。

 分析してみると、階段を下りるのに、駆け足の方が楽なのには似ていると思う。
 
 そういえば、クラブ・ディスコで自由にフニャフニャと踊る場合も、ファンクよりも、テクノとかトランスとかの方、つまりテンポが速い方が、全然楽。但し、これも自分の場合はという注釈はつける必要はあると思うし、もしかすると、自分の脚の短さには関係している可能性はある。

 講習内で定番の動きならば、「慣れれば、一晩でも踊ってられる」という先生の発言があった。一部の生徒さんからは「エーッそんなわけはないよ」という反応があった。そんな中は自分の場合はフムフムと同意しながら聞いていた。何しろ「気をつけ」の状態でずっと立っているよりはるかに楽だ。

 歩く速さということに関しては自分は速くないという情報を付け足して、この記事はおしまい。踊るのは楽しい。

 
posted by いわいまさか at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

6月ページランキング

「まさかのパズル」の2008年6月のページランキング上位を掲載。
ページ 比率 訪問
者数
ページ
ビュー
合計 2039 13540
1./index.rdf  60.8% 241 8,229
2.トップページ  8.9% 412 1,206
3.テンピン:麻雀のレートの呼び方  1.8% 214 245
4.記事投稿  1.2% 75 158
5.深田恭子がドロンジョ  1.0% 118 129
6.ホッチキスキューブ18の作り方  0.9% 99 118
7.カテゴリー:立体もの  0.8% 79 113
8.朝日新聞パズルパーク  0.8% 94 108
9.問題:ダジャレにもならず  0.7% 51 92
10.プープー星人の逆襲  0.6% 77 87
11.面積1違いのナナメ正方形〜ペル方程式  0.5% 52 68
コメント
3位:賭け麻雀が非合法なのでインターネット上記載が少ないのかも。
4位:自分での記事投稿のアクセスが上位というちょっと残念な現実。
5位:オマケ(お詫び?)で載せた画像リンク集が効いた?
6位:このブログ中の代表作。
7位:パズルといえば立体ものが人気。
8位:「最強のパズル」をぜひどうぞ。
9位:ちょっと変わってた内容だったけど6月の代表問題。
10位:プープー星人(テレビ番組・ロンQハイランド内)はいまでも面白い。
11位:ペル方程式とはなかなかマニアックなものが上位に。

以上
posted by いわいまさか at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

あじさいの香り

 2008年6月23日(月)。朝9:00頃。部屋を出てバス停に向かう。通勤。

 ゴミ臭い匂いとトラックの音。自分の横をゴミ収集車が通過する。

 しばらくたっても、匂いは次第にフェードアウトするも、何かまだ残っている。が、何やらそれは甘い香りのような。

 ゴミの中にいい匂りを出すものが入っていたという線の消えてきた。たぶん、花の香りだろうと判定。

 ぼんやり、自分の視界の中から探すと、前方、30メートル先に緑の葉っぱの中に青いものが見える。

 歩を進めていくと、あじさいだとわかる。時節柄ねぇ。「あじさいの花は香る」という記憶・知識がない。だから、そこについたときに匂ってみた、ほのかに香る。

 後で、インターネットで検索してみると。「あじさいの香りもいいよねぇ」となっていた。香水やお香も商品としてある。

 今回の遭遇では、あじさいの香り自体を記憶するまでには至ってないかも。また、どこかで会えば。

posted by いわいまさか at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

PCモニター 19インチワイド

 先週から、家のノートパソコンの画面がちらつき出した。スクリーンセーバーを切って長い間つけっぱなしにしたのが祟ったようだ。なぜそんなことをしたかというと、遅い・不安定でスクリーンセーバーまで疑ったから。

 ハードディスクの中身は重要なものはあまりないが、今現在つくりかけの音楽のACID(音楽ソフト)データだけはセーブした。

 日曜になったら、画面が真っ暗になった。が、よく見るとうっすら見える。マウスが動く、本体自体は動いているようだ。

 はてさて、ノートパソコンを修理するか、買い換えるか。

 インターネットで修理の値段を調べてみたが、「画面が暗くなった場合=5・6万円」というような情報が載っていた。もっと安く直る場合もあるだろうが、処置を施した後もどれだけ持つかわからないし・・・。

 かといって、まだ、本体が動いているのに乗り換えるのも面倒くさい。

 ここでは、外付けのPCモニターを買ってそちらに画面を出すという3番目の選択肢をチョイス。

 ビックカメラに行って、モニターを買う。それ用の端子がDSUB15ピンだということを店員から聞き出す。どのモニターもそれなら使えるとのこと。

 最安値というPOPの張ってあるモニターを購入。19インチWIDE、2万4千円。これなら今後、ノートパソコン買い換えてもサブとしての利用が考えられる。

 家に持って帰って接続。しかし、設定はまずはほぼ真っ暗な画面でやらなかればならない。ウィンドウをつまんで移動するのにも、目を凝らさなければ見えない。

 1、2度のトライで新モニターにマウスカーソルが出たときがあった。画面サイズをいじっていると、表示がでなくなったり。

 なんだかわからなくなったら再起動。これは2画面を行き来して使うモードだ。できらばクローンと呼ばれる両方に同じ内容が表示されるにしたい。スタートメニューが暗い方にしかないのはつらい。

 なんだかわからなくなったら再起動×数回。今朝方、ようやくクローンモードに設定終了。ひと安心。

 月光暗闇マッチ。「月明りの下で新聞が読めますか?」状態か。

 いや、そうではないな。明りをつけても見えるようになるわけではないので、黒地の紙に黒字でプリントした印刷物を読むような。

 カタチあるものはいつかは壊れる。モノは大切にしよう。といったところ。
posted by いわいまさか at 20:00| Comment(3) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

深田恭子がドロンジョ

 映画のヤッターマンで深田恭子がドロンジョ役をやるのだそうで。ウォー、楽しみだ見に行こう。

 記事が薄っぺらいのでお詫びといってはなんなのだが、「深田恭子 ドロンジョ」で拙作の画像ゲッタでの検索結果を掲載しておく。 

続きを読む
posted by いわいまさか at 18:53| Comment(1) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

スシ屋でネタ

 2008年5月30日(土)、朝の通勤途中、バスの中で、知ってる顔を見た。青山のすし屋の板さんだった人だ。だったと過去形になってるのは店自体が去年閉店しているので。この人、たまに見る。

 そして、バスから田園都市線へ。溝の口を発車したところで、電車の中からガラス越しに見えた顔が、みおぼえがある顔で。数十秒頭の中を検索・・・、あっこの人は恵比寿のすし屋系の飲み屋の板さんだ。

 ここまでは、単に、身のまわりの目撃談。そして、以降は、あまり関係ないけど・・・。

 スシ屋のシチュエーションでネタを考えてみた。と言ってもお笑いのことで。漫才・コント用?。その他の細かな条件は不問、連続性もなし。

/////

T客「大トロありあすか」
B板「お客さん、やめといた方がいいんじゃないの」
T客「大トロないってこと」
B板「あるにはあるけど、うちの大トロはギャル曽根じゃないと無理だよ。1時間で食べきると5000円なんだけどねぇ、中トロぐらなら素人でもいけるよ」
T客「・・・待って、それって量が多いってこと」


/////

B客「まぐろを、わさび抜きでお願い」
T板「へーぃ、わかりました」
B客「あと、シャリも抜いて」
T板「シャリ抜きって、シャリは命っていうくらいで・・・」
B客「ついでにマグロも抜いてもらおうかな」
T板「マグロも抜いてっと・・・握ってる感じが全然しない」

/////

T客「腹減ったな、スシ屋がある入ってみよ」ガラガラガラ
B板「お帰りなさいませ、ご主人さま」
T客「メイド喫茶かよって、言ってるやつはオヤジど真ん中だし」

/////

B板「このイクラ、いくらですか」
T客「お客に聞くなよ〜、しかもダジャレだし」

/////

T客「にぎり寿司ください」
B板「にぎりすしにも種類がありまして」
T「どんなのがあるの?」
B「特上、上、並、下、下の下、ゲのゲのゲ、ゲゲゲのゲ?、ゲゲゲのゲ〜〜????」

/////

B板「お客さんヌキますか」
T客「ヌキってわさびをってこと?」
B板「お客さん、初めて? うちはヌキありなんすよ〜」

/////

発散気味ですが、以上。


 
posted by いわいまさか at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

パズル懇話会って端っこ?

 パズル懇話会はパズル好きの集まり。

 当ブログで懇話会の話が出てくる記事を拾ってみると、こんな感じ

 自分は自身の立ち位置を世の中の端っこにいるイメージを持っていた。ここで立ち位置とは、趣味趣向、行動様式か。まず、第一に「パズル好き」な人っていうのが、まわりにいないので。パズル好きといわれても自分の場合はそれほど、ブツとしてのパズルをいっぱい持っているわけではないので余計、伝わり難いわ。

 fquizというniftyのフォーラムでパズルの問題を出し、解いているうちに、パズル懇話会を紹介してもらった。これは10年以上前。

 当初パズルに参加して、思ったことがある。パズル会はエッヂな人の集まり。だから、自分がまだまだ、会の人たちより、世の中マッピングの中で平均側にいるということ。安心できるような、悔しいような。


 パズル好きの中にもアトリビュートがあって、

 コレクター=集める人。わかりやすいし説得力ありあり。

 ソルバー=パズルを解く。自分はパズル解くのは普通な人の10倍程度、得意な感じだが、この人たちは10倍くらいの勢いで解く。

 クリエイター=パズル作る人。

 ショッパー=売る人、買う人。

 あとは、研究する人、分析する人、パズリズト、パズラー・・・。


 パズル懇話会のHPがhttp://pzkn.seesaa.netにある。ご興味の方は入会してみるのもいいかも。
posted by いわいまさか at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

お笑い用語をリストアップ

 テレビで見られるお笑い(あるいはその周辺)の用語のふと思いつくものをピックアップしてみた。意味は折を見て拡充する。専門用語の色合いが強いので、元来の意味の漢字で表記より、カタカナ書きの方がしっくりする?

== アルアル ==

== オシ ==
 ひとつのテーマ・ネタで一人・複数人がネタを続けること。

== オチ ==

== 音曲もの(オンギョクモノ) ==
約20年くらい前、客層(若者、子供、熟年)と変えて笑いを取るのを競う単発バラエティーがあった。その中で鈴々舎馬風は「子供相手には音曲ものは強い」と読み解いていた。
 現在放送中のくりぃむナントカの子供を笑わせるコーナーがあるので参考のこと。

== カブセ ==
お笑いの技術の一つ。漫才・番組内でそれ以前に受けた発言、ギャグ、ものまねの内容・要素・形式を引用・踏襲し重ねること。

== カブル ==

== キレゲイ ==

== サゲ ==
 オチは単発の話・一連の短い流れの最後でも使われる。それに対して、サゲはそれで舞台から掃けるときに使う。
 TV番組コーナー終わりもこれに似た扱い。

== ジギャクネタ ==

== ツカミ ==

== テンドン ==
 カブセと同じだという説明を聞いたことがあるが、ニュアンスの違いは把握してない。

 ネットを調べたら、わかった。カブセが面白いことのレンチャン。
それに対して、テンドンの方は同じギャグを繰り返すことによって面白くするとこまで持っていく。

参考:
浜田雅功(ダウンタウン)の「テンドンの強要」を考察する。
お笑い決まり文句・一発ギャグ考察
このブログ↑はネタの選び方・多さがGOOD。詳細の記述(あるいは読み解き方)は自分の受け取り方と比べてみるとよろしい。


== ナガス ==

== ネタ ==

== ノリツッコミ ==

== ハマル ==

== ヘコム ==
「へこんでいる」と表現することで劣勢をリカバーできる。

== ブルー ==

以上

追加:
そもそも、考えてみれば、お笑い用語のサイトがあるわけでそこを掲載。
お笑い用語辞典
トップページ-笑辞苑


posted by いわいまさか at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

牛頭馬頭 ミノタケンタ

 うしあたま うまあたま と書いて「ごずめず」と読む。自分が初めてこれを知ったのはTVドラマ子連れ狼。拝一刀に仕事を頼むときには牛頭馬頭の絵の凧を上げるといいという話。

 牛頭馬頭の説明がwikipediaにあった。「地獄で亡者達を責める獄卒」。なるほど、賄賂とかよいしょでうまく口車にのせるとかが利きそうじゃないや。力で倒すのも大変そうだし。

 自分で数年前に考えたネタ?、キャラ?にミノタケンタというのがある。ミノタウロスとケンタウロスから共通のウロスを抜いてくっつけて言葉にしてみた。ミノタウロスが半牛半人。ケンタウロスが半人半馬。

 語感が「みのもんた」には似ている。漫才のコンビ名にはいいかも。

 青空みのた・けんた。ブモ〜〜〜、ブヒ〜〜〜ン、みたいな。

 
posted by いわいまさか at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

爆笑レッドカーペット レギュラー

 2008年4月16日(水)22:00から、フジテレビ「爆笑レッドカーペート」のレギュラー放送が始まった。番組内の説明によると半年間続くことは決まっているようだ。

 もともと特番でやっていたものだが、好評につき、週間ということ。

 お笑い芸人がいつもと違う、1分間程度のショートのネタを披露するというコンセプト。「いつもと違う」というものの、最近のテレビ番組の中では、短い方が主流か。

 自分のテンポにはあっていて、好きな番組。以前、「about me」というSWSに入っていたときに

 質問 : 『エンタの神様』と『爆笑レッドカーペット』ではどっちがおもしろい? : アバウトミー : @niftyを投稿している。もうそこのグループ自体は脱退してしまったため、自分の書いたところはNoNameと表示されている。

 出演者の気になる人をピックアップ。コメントをつけたけど、実際の番組を見てあわせてもらうの前提。

ヒデヨシ
 「感極まる」系、場合によっては泣けるかも。 

超新塾
 5人中4人までボケ、テンプレートにのせてテンポよく。

フルーツポンチ
 かっこつけ系のうざいやつ。

 レギュラー化にともない、「今週のコラボカーペット」というコーナーができた。「芸人同士がコラボレーションして他では見られないネタを披露する」。いいなぁ、これも。一回目の今回は、TKO×芋洗坂係長だった。

 満点、大笑いで〜す。

 

 

posted by いわいまさか at 08:19| Comment(0) | TrackBack(3) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

超初心者コース

 最近、ダンスを習いに行っている。といっても1回目に行ったのが去年で、2回目に行ったのが、今週月曜(2008年4月7日)。先生は知る人ぞ知る、アニメーションダンスのカリスマ、TOZAWA。受付を受けるときに「久々ですね、無理しないでね」と言ってくれた。あなたはエライ。

 小学生時代からしても体は硬い方だったが、今は超合金Zくらい硬い。柔軟体操中に思い知る。

 自分はディスコ(別名クラブ)でむちゃくちゃに踊るのが得意。むちゃくちゃといってもリズムには乗ってるという自負はあり。マジメにダンスを習ったことが無かったので、改めて通っているという体(てい)で。そもそも、昔はヒップホップダンスを教えているところなど無かったし。

 今日になってみると足が痛い。寄る年波。言い寄る藤波、「長州、長州、来るなら来い!」とオヤジギャグもハサミつつ。

 3回目は次の日曜日に行く予定・・・。

 
posted by いわいまさか at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

テレビ番組雑感 墓場ハニー

 4月なのでテレビ番組が変わる時期。印象に残ったテレビ番組をリストアップ。

「墓場鬼太郎」
 小銭稼ぎに精をだしたり、反目した人間、あるいは世話になった人間までも死なせてしまう鬼太郎。シュールといえばシュールだけどなんだか、とっても愛せた。

「くりぃむナントカ」
 この編成でゴールデンタイムに移動。深夜から時間を移しつまらなくなるテレビ番組が多いところ、この番組だけはだいじょうぶと信じたいところだが・・・。

「ペケ×ポン」
 番組開始当初はいろいろと実験的な企画があった。まるでつながりのなさそうな人のトーク。企画を出演者で出してどれを実際にやるかをルーレットで決める。とか。
 2007年10月にリニューアルしてからはすっかり、「ゲーム番組」になってしまった。

「コンバット後の時間枠」
 フジテレビのコント番組の「コンバット」の時間枠的に後の番組にたまに面白い番組を見る。番組名は「登竜門」?。佐藤江梨子+KY(つまり空気読めない)のネタとか。

「キューティーハニー THE LIVE」
 序盤エアチェックしていたが、ある時期から外してしまった。最終回やその前の回を観ると見ていなかった部分が予想より良かった可能性あり。反省。DVD購入候補。

以上




posted by いわいまさか at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

Ototoさんの過去の表紙シリーズ

Ototoさんの過去の表紙シリーズへのリンクをリストアップしようと思いました。

が、そもそもここにインデックスがありました。
http://marine.sci.hyogo-u.ac.jp/~hammer/title/

hamanaka.jpg

以下 単純なリストアップ
続きを読む
posted by いわいまさか at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギャツビーフェイシャルペーパー

 先週のこと。

 ギャツビーフェイシャルペーパーを買う。簡単にいうと、濡れティッシュが水の代わりにアルコールでという顔拭き用。非常に爽快で大好き。必需品としていつも携帯している。

 が、しかし、今回は使ってみると、臭いがきつい。全然、別なものだ。しかも、肌は火照る(ここが1番の問題)し、使っている間に頭が痛くなってきた感じも。最初、なにか間違った商品を買ってしまったと思った。がそうではない、デザインもいっしょだし、ギャツビーフェイシャルペーパーと書いてある。

 ネットで検索、マンダムのページにアクセスしてみた。NEWというバナーが貼ってあり、「パラペン」という物質を使わなくなったという。商品の内容がチェンジしている。パラペンフリー、角質落とし力、パワーアップ。

 部屋の中に前までの商品の使いかけがあったので、内容を比べてみた。商品名もCとRのところが違う。

昔:ギャツビー フェイシャルペーパーC
 シトラス系のさわやかな香り
 成分:水、エタノール、タルク、PPG−6デシルテトラデセス−20、メントール、BG、ハマメリスエキス、メチルパラペン、プロピルパラペン、香料

今:ギャツビー フェイシャルペーパーR
 さわやかで心地よりアクアノートの香り
 古い角質をふき取る(角質柔軟成分<サリチル酸>配合)
 成分:水、エタノール、タルク、クエン酸Na、PPG−6デシルテトラデセス−20、メントール、クエン酸、サリチル酸、香料

 パラペンという物質が悪いならそれを使うのはやめても他の部分(香り、効能)はできるだけ変えないで欲しかったように思う。

 諸行無常ではないが、「いいものは結構なくなるものだ」と痛感した。代わりを見つけることができるかなぁ。

 マンダムにはお客さま問い合わせメールをうってみたがハテ、どうにかなるものか。
 
posted by いわいまさか at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

橋・端・箸

 イントネーションの話。共通語・東京弁に関して。

 ハシという読みの各単語のイントネーションは

     橋   端   箸
    ハシ  ハシ  ハシ

音程   ̄ ̄  __   ̄_


 ここで箸( ̄_)は頭にアクセントがあるので他の二つと区別がつき易い。

 問題なのは橋( ̄ ̄)と端(__)。その単語だけ言われても実は絶対音感・相対音感的な感じで区別がつかない。

 そんな場合は助詞の「を」を付けると判定できる。

     橋を   端を   箸を
    ハシヲ  ハシヲ  ハシヲ

音程   ̄ ̄_  ___   ̄__


 声に出してどうぞ。

 橋を見る。
 端を見る。
 箸を見る。

 わかりましたでしょうか?

/////

 なので、一休さんの中のネタをしゃべるときは、
 「この橋、渡るべからず」
 「この端、渡るべからず」と
 「を」を抜いた方がキマリやすい。

posted by いわいまさか at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。