2008年03月26日

ギャツビーフェイシャルペーパー

 先週のこと。

 ギャツビーフェイシャルペーパーを買う。簡単にいうと、濡れティッシュが水の代わりにアルコールでという顔拭き用。非常に爽快で大好き。必需品としていつも携帯している。

 が、しかし、今回は使ってみると、臭いがきつい。全然、別なものだ。しかも、肌は火照る(ここが1番の問題)し、使っている間に頭が痛くなってきた感じも。最初、なにか間違った商品を買ってしまったと思った。がそうではない、デザインもいっしょだし、ギャツビーフェイシャルペーパーと書いてある。

 ネットで検索、マンダムのページにアクセスしてみた。NEWというバナーが貼ってあり、「パラペン」という物質を使わなくなったという。商品の内容がチェンジしている。パラペンフリー、角質落とし力、パワーアップ。

 部屋の中に前までの商品の使いかけがあったので、内容を比べてみた。商品名もCとRのところが違う。

昔:ギャツビー フェイシャルペーパーC
 シトラス系のさわやかな香り
 成分:水、エタノール、タルク、PPG−6デシルテトラデセス−20、メントール、BG、ハマメリスエキス、メチルパラペン、プロピルパラペン、香料

今:ギャツビー フェイシャルペーパーR
 さわやかで心地よりアクアノートの香り
 古い角質をふき取る(角質柔軟成分<サリチル酸>配合)
 成分:水、エタノール、タルク、クエン酸Na、PPG−6デシルテトラデセス−20、メントール、クエン酸、サリチル酸、香料

 パラペンという物質が悪いならそれを使うのはやめても他の部分(香り、効能)はできるだけ変えないで欲しかったように思う。

 諸行無常ではないが、「いいものは結構なくなるものだ」と痛感した。代わりを見つけることができるかなぁ。

 マンダムにはお客さま問い合わせメールをうってみたがハテ、どうにかなるものか。
 
posted by いわいまさか at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうかお大事に。

ところで、トラックバックは消したほうが良かろうか、と。
Posted by 海上 飛鳥 at 2008年03月28日 23:26
トラックバックは助言により削除。マンダムからは返事が来ました。火照りはサリチル酸の影響でしょうとのこと。シトロンタイプとアクアノートタイプを分けて出してもらいたいものです。
Posted by いわいまさか at 2008年03月30日 10:32
メンズビオレはとりあえずOK (^o^)/
Posted by いわいまさか at 2008年04月03日 23:47
と思ったが、メンズビオレも若干の火照りあり。自分の肌の弱さを露呈してるだけみたいなのでこの件のコメントは終了。
Posted by いわいまさか at 2008年04月04日 15:21
ギャツビーのシトラス版を12枚×5冊手にいれました。会社の近くの薬屋で購入。
Posted by いわいまさか at 2008年04月04日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90881729

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。