2008年03月18日

別宮立体 紙の地球90

 2008年3月18日(土)パズル懇話会の例会とその2次会と3次会に出た。

 そこで別宮さんにこのオブジェクトをもらった。でもそのときはバラバラで。表裏(ツルツル・そうでない)のある白い細長いボール紙×10本。組み立てるようにと「宿題」が出された格好になった。

 会社でいじっていると、多面体の得意なチャーリー(パズル懇話会にはある期間所属していた)が興味を示し、途中まで組んでくれた。器用だねぇ、あんた。

 できあがりの図がこれ。写真の撮り方が悪いのであとで画像はとりかえるかも。

できあがってみると正12面体の変形だということが見えて、
辺が細い菱形→30面
正五角形が菱形×5で置き換えられてる→12×5=60面
という90面体だ。

 地球儀?、サッカーボール?、折り紙立体?というようなカタチ。

betsumiya.jpg


つまりこの↓紙の地球の新作になる。




posted by いわいまさか at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 立体もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひし形90面体、ずいぶん前に私もつくりましたよ。

http://marine.sci.hyogo-u.ac.jp/~hammer/title/070.html

Posted by Ototo at 2008年03月19日 00:57
あぁ、そうですか、「新作」でなく、「商品化しようとしている」ということのようです。Ototoさんのを見て、自分のは「折り」が甘いなぁと思いました。
が、それだけでなく・・・、続きは記事にします。
Posted by いわいまさか at 2008年03月19日 12:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90050047

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。