2008年02月14日

ストロー万能ジョイント 立体

 2008年2月10日(日)11日(月・祝)は箱根で「パズる会2008」があり参加した。

 10日13時から開会式の後行なわれたのは「フリーマーケット」と「ポスターセッション」だった。

 「ポスターセッション」の中で興味を持ったのがこの「ストロー万能ジョイント 立体」。発表者は、手づくりおもちゃの科学館館長の工藤清氏。

 万能パーツは立体の辺の役割を果たす。それで作られた、正多面体、菱形12面体等とそれらを組み合わせた。相貫状態のものが展示されていた。

 ずいぶん展示の前で長居していたら、「あげましょう」と言ってくれてもらってきたのが、この立体。どうもありがとうございました。代わりに自作のジャンク立体「トランプホッチキス6枚立体」を上げた。そばで見ていた人からは、「それはわらしべ長者じゃないか?」とつっこまれた。Ithink so.

正四面体×5.jpg
 これは正四面体を5個絡み合わせた形。頂点に着目すると、正十二面体に対応している。

 帰りのバッグの中で潰れないか心配だったが、無事生還。結構丈夫。

1本づつのパーツの構造は
・ストローに切れ目を入れて蝶番的にする。
・先の方は縦に切れ目を入れ、細らせる。
・それを両端。
・それを順繰りに差し込んで・・・。
 これでは、わからないだろうねぇ。図解を補充するかも。

posted by いわいまさか at 10:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 立体もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あがってる写真をぼーっとみていたら、何か、昆虫の蟻を思いだしました。
Posted by いわいまさか at 2008年02月25日 18:54
はじめまして。このストロー万能ジョイントの詳細教えていただけませんでしょうか??
Posted by みな at 2009年01月06日 06:34
ストロー万能ジョイントは工藤清さんが考案したものです。
http://www17.plala.or.jp/handicraft-toys/ の過去日記をたどっていくと写真が見れます。
2007年9月16日(日) ストロー多面体7 あたりからが説明になっていると思います。当ブログでも、図解の補充はやるかも。
Posted by いわいまさか at 2009年01月06日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83962641

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。