2008年01月07日

2008年年賀状

 2008年の年賀状。

nenga2008forblog.jpg

 ナゾナゾ系なので出題者が口頭で出すのに向いた問題。つまりハガキには向いてなかったかなぁ。

1.野ねずみを捕まえてください。(○に一文字入れる。)

 ○のねずみ

2.そいつにエサをあげて、チューと鳴かせてください。(○に一文字入れる。)

 ○のねずみ

3.愛着の湧いたねずみさんを増やしてください。(2画足す。)

 ねずみさん

以上
 
ラベル:問題
posted by いわいまさか at 15:35| Comment(10) | TrackBack(0) | 年賀もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(=・ェ・=?

ん〜2番がワカラニャィ。。。

1番は漢字。

3番は学校で習ったニャン。
Posted by 冬眠猫 at 2008年01月09日 11:36
2番はみなさんから「解けない」と言われてます。飲み屋で酔っ払いながらじゃれる用の問題を年賀状にのせてしまいました。ヒント:ずいずい・・・
Posted by いわいまさか at 2008年01月09日 13:06
1番は漢字だけで書くと、オーストラリアに棲息する大型動物になってしまうので、「の」を忘れずにね。
2番はヒントが早すぎましたね。「マチ」とか「コータロー」とか、惑わしたかったのに。
てんてん。
Posted by sacco at 2008年01月09日 13:59
1番って、捕まった状態、それとも捕まる直前の状態?
3番って、複数形の答えしか思いつかなかった。
Posted by かっちゃん at 2008年01月09日 21:12
子供のころに覚えた間違った音のまま
「河原のねずみ」だと思っていました。orz
Posted by Ototo at 2008年01月12日 11:57
袋のねずみ=ストーリーの中ではつかまえる一歩手前の状態に使われることが多いようです。
フクロネズミ=オポッサム?
河原のねずみ=ビーバー? 日本でも川辺に棲むねずみの中には60cmあるやつがいるとか。
年賀状の背景の説明=http://cri-ch.tv/iwai/1049.html
Posted by いわいまさか at 2008年01月12日 23:22
袋鼠(カンガルー)当て字・熟字訓。
「袋鼠」は、漢名から。「長尾驢」とも書く。

ところで、ハリネズミ・ハリモグラ・ヤマアラシの違いに興味を持って、調べたことがあります。ハリハリ動物は他にも案外沢山種類が居ました。
Posted by sacco at 2008年01月13日 00:53
>河原のねずみ

体長60cmはおそらくヌートリア「海狸鼠」でしょう。帰化動物で西日本の河や沼に棲息。
体長80cm、9kg重なら、カピバラ「鬼天竺鼠」。1.4kg重なら、昨年12/19にニューギニアで発見された新種の鼠2種の一つ。
いずれも猫を威圧し、人を懼れず、全然窮鼠しないみたいです。
Posted by sacco at 2008年01月13日 01:29
追加です。
新種の1.4kg巨大鼠(オニネズミの仲間)は普通のラットの5倍長。
カピバラの9kgは軽すぎ。最大級は135cm65kg。
ヌートリアの頭胴長60cm尾長45cm体重5-9kg。

オーストラリアではポッサムのことをオポッサムといい、北米ではキタオポッサムのことをポッサムというらしいです。
しかしポッサムとオポッサムは、同じ有袋類であるという以上には近縁ではないそう。へえー。
私が「指を咬まれるから引っ込めろ」と注意されたのは  http://uchinan.exblog.jp/ の1月9日の動物・「ポッサム」でした。
Posted by sacco at 2008年01月13日 02:24
>体長60cmはおそらくヌートリア「海狸鼠」でしょう。帰化動物で西日本の河や沼に棲息。
 ヌートリアが帰化しているんですね。いわいの言及は日本固有動物事典(書籍の正確な名称は忘却)で見た記憶なのでそれとは違います。川の中から穴を掘って上向きの巣を作るので見つかりにくいと書いてありました。
Posted by いわいまさか at 2008年01月13日 09:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。