2007年01月23日

明治ホワイトチョコレートパズル

明治ホワイトチョコレートパズルを小田原さんから直接入手。

20070122225831.jpg

 このパズルの特徴を考えてみると。
  @チョコレートという題材。
  A明治というブランドつき。
  Bパーツのセレクションがアメセレ≠カゃない。
  C基本の長方形に入れる場合、極端に簡単。(これも魅力のひとつ)
  D見た目がラブリー。

 簡単なので、勢い、敷き詰める形を変えて遊んでみようということに。自分は7×7正方形から3×3正方形を抜いた形を考えてみた。7×7−3×3=49−9=40でピッタリ。小田原さんに提示したら、「それは検討済み」ということで詰め方の場合の数がいくつかを教えてくれた。まぁそりゃ当然か。

 ↓全パーツが6以下のL字オミノ。(7×7−3×3)型に詰めてみた図。

shirochoco.jpg





posted by いわいまさか at 13:40| Comment(2) | TrackBack(0) | パズル成果物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介していただき、ありがとうございます。
その形は全ピースを使ってできる唯一の4軸対称形と思われます。よって最も美しい形です。もちろん、(株)ハナヤマにはこの形を入れたいと言ったのですが。ちなみに95解あります。
7×7−3×3の3×3が角にある形、斜めにするとハートに見えるということで採用になったのですがちょっと強引ですよね。ちなみにそのハート、輪郭と内部で分離できる「ダブルハート」が可能です。
あともう1つ。3×3−1×1と6×6−2×2(どちらも穴は真ん中)をセットで作ることもできます。やってみてください。
Posted by 小田原充宏 at 2007年01月24日 22:37
全ピース唯一4軸対称形ですか?
そうか、そんなもんすか?
Posted by いわいまさか at 2007年01月26日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。