2011年10月05日

変換して覚える3ステップ

ダンスを習っている。

前回に出てきた動きで、右足をガニマタに開き、つま先を軸にウチマタにして、その後、かかとを軸にガニマタにするというのがあった。8ビートにのせて。

慣れないとちょい難しい。ギクギクとグキグキと。

図で描いてみた。(twitpaint利用)
abfffdb92691b470ac861c8a5075703c.png

で、とらえ方、考え方を変えてみた。

つまり、1、2、3という足跡をたどればいいのだ。

どこを軸にするという部分はおのずとだいたい一致する。脚の動きが違うところは目標に合わせて修整すればよいという。

蚊を手で叩くのに「腕を振り上げて肘はこうして」とか思わなくても、蚊を叩けるのと同じこと。
待ち合わせの場所と時間がわかれば、別に電車の乗り方まで指示しなくても大丈夫なのと同じこと。

相対にたよらず、絶対で把握する。プログラミングもそちらの方が効果あり(ここでは説明省略)。

ダンスに限らず、重要な考えだと。
posted by いわいまさか at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。