2005年02月09日

コンビニレジの垂れナシ7で超反応の話

http://www.h6.dion.ne.jp/~k_lab/topics/31_11.html#111に記事があって、もとは自分の話。kohfuhさんが書いた記事はニュアンスが違ってるので、自分でも書こう。

コンビニに行って金の支払い、おつりの受け渡しのときにレジの表示を見ると思う。そんなときの話。なんのきなしに見ていると、これは何かしなきゃという衝動に駆られてた。特に右手が反応。そのときに見ていたのがデジタル数字の垂れナシの7あるいは77。(何回も経験しているので)※垂れナシ7、垂れアリ7、はkohfuhさんのページ参照のこと。

理由はというと、パチンコのダイナマイトやエキサイトをやっていたため。

ダイナマイトは権利物といわれる爆裂連チャン機。通常のパチンコがデジタル数字3ケタであるのに対してダイナマイトはなんと1桁。出目の1〜8のうち7が大当り、3が小当り(大当りへの予兆の役割)となっている。7が出ると右打ち。

エキサイトはアレパチといわれるこれも、爆裂連チャン機。こちらは2桁。77、と33が大当り。大当りが出た後、急いでチャッカーに玉を入れる必要あり。そうでないとなんと大当りが無効!!!
「大当りが出ても玉をちゃんと入れないと無効」ってところがかなりの瞬発力と集中力と持続力を要します。1日やって30回も大当りすると1回ぐらい失敗するかもぐらいな割合です。

ダイナマイトもエキサイトも採用しているデジタル数字が垂れナシ7だった。このころ自分の記憶では、垂れナシ7採用機種の方が垂れアリ7採用機種の方が爆裂度高い=お客にやさしいとなってます。

最初はこんな感じだったはずだけど、
 デジタルが大当りを表示−>数字が7だと判定する−>何をすべきか考える−>玉をうつ
やってるうちに条件反射的に
 デジタルが大当りを表示−>−>−>−>−>−>−>−>−>−>−>−>玉をうつ
となっていくわけです。
極端な話、それは7だという判定もしなくなるわけです。ゆえに、垂れナシ7から垂れアリ7かは違う絵なので、反応が違うんです。

と、だいたいそういうことです。
posted by いわいまさか at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | パチンコ・パチスロもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、少しニュアンスがズレていたようです。
う〜む。
Posted by kohfuh at 2005年02月09日 18:39
さっそくのリンクありがとうございます。パチンコ打つ人の必死さが伝わるといいかなと思いまして。
Posted by いわいまさか at 2005年02月09日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。