2006年03月23日

ガチャッ!として、いいねぇ

 ターザン山本!はときどき、特殊な表現を使う。いや、表現は普通だけど、意味が特殊というべきか。

 例としては「めんどくさい」「ガチャッ!」「しゃらくさい」「しょっぱい」など。「ターザン山本!実践文章講座」の中で何回も出てきた用語たちだ。ターザン自身はこれらのコトバを会食の席でも普通に使っている。

 この文章を読んでいて「『めんどくさい』は自分も使うし、意味もわかる」という人がいると思う。すいません。違います!

 本来ならば、ターザンの話を直接聞かないとわからない。今回は「ガチャッ!」についての説明に挑戦してみる。

 「ガチャッ!」は文章中、時間軸が大きく移動する場面に使う擬態語・擬音語。「ガチャッ!として、いいねぇ」。つまり、ほめ言葉のうちに入る。

 自分の書いた文章の中から抜粋する。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 (前略)
 その主な理由は、ビデオの編集環境が容易には手に入らなかったこと。1985年の話。
 それから20年たって、実はこれから、作品に仕上げるつもりでいる。
 (後略)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 こんな文章を見るとターザンは「ガチャッ!、とんだよ」と説明してくれる。 

 ガチャッ!を実現するためには、時間のスパンが長い必要はない。例えばテーマが試合内容自体にないときには「試合は始まった。結果はErica、マーガレットの圧勝」と端的に表現した方がいい場合がある。ここをダラダラ書いていると、「この部分は削って、ガチャッ!と結果だけ書くといいよ」と添削される。

 昼働いてる場面から夜飲んでる場面への展開はガチャッ!である。
 その会社に入社した場面から、退社する場面に行くのもガチャ!。

 「時間軸がとぶ」と書いたが関連する事柄が他にもあってそのキーワードを並べてみる。

メリハリ、起承転結の転、陰と陽、ハレとケ、空間軸がとぶ、男と女、真中と端っこ、白と黒・・・

 これらは大きなくくりでは、すべて「ガチャッ!」である。

 これで、いくらかは説明できたかもしれない。繰り返しになるが、本来はターザンの話を直接聞かないとわからないので、よろしく。
posted by いわいまさか at 12:45| Comment(7) | TrackBack(0) | ターザン講座用記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
対立軸の変化に対して、読み手(=ターザン山本!さん)が潔さを感じるとき、「ガチャッ!」となるわけですね。

それにしても、ここではパズルでない記事ばかりに反応してます。すみません。
Posted by kohfuh at 2006年03月24日 12:29
見直すと説明が足りなかったです。「時間軸がとんだり」、「空間軸がとんだりする」場面があると「ガチャッ!」となって、文章が魅力のあるものになるということです。
Posted by いわいまさか at 2006年03月26日 07:43
ご説明ありがとうございます。
「ガチャッ!」というのは、読み手に関わらず、軸がゴロッと変わったときの形容なんですね。
そして、そういう展開に対してターザン山本!さんは好印象である、と。

ところで、英語の話になりますが、過去形の文章に現在形(または過去完了形)を混入させることで大きな場面展開を示す、という手法があるようです。
ネイティブにしてみれば、そこに時間的距離=空間的距離を感じているのではないか、という説明を見たことがあります。つまり、遠く離れているほど時間がかかる、というわけですね。

この西洋的な見方は遠近法と関連している、という議論もあって、なかなか興味は尽きません。
Posted by kohfuh at 2006年03月26日 10:57
 講座では、過去のことを書くときに「段落中は現在形で書き、最後だけ過去形で書く」という方法を習った。

 ○月×日、麻雀をやる。ツッパって振り込む。降りてツモられる。三面張がツモれない。散々な日だった。

 こうすると、ひとつの事が終ったことを表せる。また、次はどうなったのかと興味をつなげられるという話。
Posted by いわいまさか at 2006年03月27日 00:48
なるほど。
日本語は時間を合わせ過ぎると妙に強調したような語り口になりますからね。
とくに、「…した」「…だった」と過去形ばかりでは。

それを逆に利用したのが、プロジェクトXのナレーションでした。
Posted by kohfuh at 2006年03月27日 09:44
自分はプロジェクトXは見たことが無いです。知人がその番組について「すべて過去形のナレーションは嫌だ」と言っていました。
Posted by いわいまさか at 2006年03月27日 12:46
確かに、ちょっと不自然な感じがしますね。
時間表現としては間違っていないのですが、過去形にひっついている「言葉の持つ感じ」に違和感を覚えます。
Posted by kohfuh at 2006年03月29日 09:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15328430

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。