2009年12月23日

ロボコップ理解

 ヒップホップダンスを習っている。先週は「ロボコップ」を習った。「基本」だとのこと。ここでいう「ロボコップ」はロボットダンス全般のことでなく、例えばものまね王座決定戦のバックダンサーが踊ってるかもしれない、ロボットダンスっぽくないステップのこと。

 その中で、左肩上げ右肩下げの状態から左肩下げる右肩上げるという動きがあった。そこそこは行けるけど、なんだかしっくりこない。

 あとで思い出して、以下のような理解をした。

kata.jpg

 意識的なもので、肩の上下が段違い(図上)と思わずに、シーソーのよう(図下)でもいいということ。図内は左右で時間的な移行。この脳内改革ができて、動きやすくなった。

 やりやすいように理解することが重要。もちろん、自分用であって万人用ではない。

 記事内容はダンスを理解するということで、関連記事は http://masaka.seesaa.net/article/130235269.html 。
posted by いわいまさか at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136348841

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。