2009年12月03日

とらやのあんみつ

 とらやのあんみつを食べた。外苑前のいちょう並木を見たついで。そばにとらやがあったのを思い出し、およそ、喫茶部があるだろうということで寄ってみて。

 そのものの値段だけとっても、1155円とお高めであった。が、食べてみると、その質的迫力に圧倒される。

 ネットを調べてみると、「黒豆、赤えんどう豆に加え、黒琥珀、粟羊羹、琥珀羹、水羊羹、求肥など和菓子店ならではの自家製のトッピングが特徴です」となっている。

 レゴで言うと、「このパーツは消防車セットには入っているけど他には入ってない」みたいな部品が何個も入ってるみたいな感じ。例えが特殊ではあるが・・・。

 琥珀ってなんだ?と思って調べてみると、とらやのページには説明があった。

http://www.toraya-group.co.jp/siteinformation/wor_index.html
/////
 琥珀製 寒天を溶かし、白双糖を加え煮詰め、水飴を加えたもの。
くちなしで琥珀色に染めたため「琥珀」もしくは「金(錦)玉 (きんぎょく)」と呼ばれるようになった。
着色していない透明のものは「白琥珀」もしくは「銀玉」と呼ばれるが、その他色目により緑、黒砂糖を加え黒色などに染めたものなどがある。
/////

 合わせて注文して飲んだ煎茶もうまかったし。来年は寅年だし、年賀状のネタにどうかなぁ。


posted by いわいまさか at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。