2006年02月12日

これからは、男子とも・・・

 2006年2月10日(金)19:00〜ハッスルハウス後楽園を観た。といっても、今回は現場観戦ではなく、文章講座メンバーのジャンクボさん宅にて、スカパーペイパービュー生放送。「お疲れ様」の宮本さんと自分岩井の計3名での鑑賞会。焼酎ロックと渋谷東急東横のれん街で買ってきたジューシーチキンフライ、コンビニ入手の乾き物など。

以下は酔いどれレポート。

 休憩前の第4ハッスルはErica、マーガレット、田中将斗組VSドクロンZ、赤鬼蜘蛛、青鬼蜘蛛組。Ericaマーガレットのパートナーは手の込んだ(?)チョコレート作戦によってゲットした田中将斗。試合序中盤はEricaとマーガレットが「蜘蛛はダメなの!」と鬼蜘蛛たちとの対戦を拒否したため、その負担がすべて田中将斗に。しかし、終盤には意を決して蜘蛛退治に乗り出す。Ericaのバックドロップには「ヘソで投げてるよ〜」と感心。最後は、Ericaのフライングエルボードロップ、マーガレットのダイビングボディープレスの競演で試合を決めた。

 ハッスルの興行において女子の路線は1つの軸をなしている。去年末、大人気の内に消えていったインリン様も小川、HGと闘う前は、EricaとM字ビターンマッチなどで絡んでいる。他の登場キャラは、デビル夫人、ジャガーY、ハッスルなでしこなど。

 Ericaはアジャ・コング似、マーガレットはアメージング・コング似。だから、このタッグチームはダブル・コングとして売り出すのが従来のあり方。でも、ハッスルでは乙女キャラ(?)で押している。それはそれでOKだが、本来の彼女らの迫力を楽しむという意味ではもの足りないところがあった。

 この日の試合のあとのEricaのマイクでは、「これからは、男子とも闘っちゃう」のだそうなので、乙女たちの大暴れ黒ハートが期待できそうだ。過去に見たアメージング・コング対ストーカー市川、DJニラ組ハンディキャップ戦は衝撃だったがそれは、軽く超えよう!
posted by いわいまさか at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ターザン講座用記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13169658

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。