2009年04月29日

からくりパズルアイデアコンテスト

 からくりパズルアイデアコンテストに応募した。要項は、http://www.karakuri.gr.jp/hiromerukai/index.htm

 2点応募した。内容を明かすのは、公募のルールに反するのでそれはしない。が今回の作業で思ったことを。

 1点目は、「からくり」というかちゃんと「仕組み」を考えたものだった。仕組みとしては成立している。が、パズル仲間のプロの人に言ってみると、「木が素材では苦しいのでは」とのコメント。はぁ〜なるほど、木だと作るのに適してないという場合があるわけだ。

 2点目は、「からくり」というようなものはないが、「アイデア」のみで勝負したもの。割合いいと思うんだけど、仕掛けがないとやっぱりマイナスポイントだろうか。

 実は、1点目で出た反省点を生かし、木で作り易いという観点でもう1作品デザインしようと思ったが、タイムアップ。

 木をろくろにのっけて、削ると「回転体」と呼ばれる立体の成形ができるという。出来た回転体を組み合わせて・・・・ゴニョゴニョというネタはまた別の機会に。

 立体もの記事といいつつ画像がなかったねぇ。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/回転体。

適当に拾った「回転体」記事
数学 : 極限における「大雑把な押さえこみ」
gallery VOICE イベント情報 : 「KOUGEIの素姿」試論1 回転体について
リカのきままなプログ : ハートにテクスチャーその6(テクスチャーの貼り付け)
shadeとPhotoShopによる、迅速且つ説得力のあるCGプレゼン画像を作る方法 : ■SHADE入門編■第五章■立体化の応用2
透's space : 物理学上の論議  エネルギー増幅装置


posted by いわいまさか at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 立体もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。