2008年09月17日

ハンコックを見た。

 2008年9月15日(月・祝)。前々日が飲み会、前日も飲み会のこの日、ゲーセンで麻雀格闘倶楽部を長くやっていた。が、昼下がりにちょいと抜け出して、ハンコックを見た。場所は南町田グランベリーモール内109シネマズ。

 ハンコックは、不死身でパワーを持ち空を飛べる。彼は、事件・事故・犯罪が起こるとそれを解決すべく、活動をしていた。この時点で、かなりのヒーロー。但し、酒を飲み酔っ払い、対応は雑、暴言吐き、経費かかりまくり。民衆の中には彼を悪くいう人も多いといった状態。
 ある日、踏み切りの上の自動車で立ち往生、あわや鉄道事故という場面でPRマン(?)のレイに出会う。彼はハンコックが世間の信頼を得るために作戦を考えて・・・。

 途中、みごとにハンコックはみんなの信頼を得る。映画時間のボリューム的にここで終わるハズはない。伏線は張ってあったので、レイの奥さんとハンコックの関係がこれから怪しくなりそうだろうとは思っていた。

 自分の脳みその中には映画スパイダーマンのテンプレートが入っていたのでそれを適用すると、ざっと、「ハンコックとレイの奥さんが浮気をして、レイは敵にまわり・・・」というような展開。

 実際のストーリーはそれとは違い、全然、振り幅が大きかった。予想を裏切られたという点では高ポイント。振り幅が大きすぎて、振り落とされた感もあるのでそこはマイナスポイント。ネタバレ厳禁映画にまちがえない。

 鑑賞後は軽〜〜い感触が残った。酒飲みながらでも人助けをしてるハンコックは元々エライ人。前半の「個の悩み」を後半で運命宿命的なもので解決しているがズルイかなぁ。
posted by いわいまさか at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | パピプ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106714287

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。