2005年12月01日

プロレス好きはお金だけが人生の目的じゃない説

 2005年11月17日(日)、モリ君の結婚披露宴に行った。彼は岩井の上毛学舎での友達。上毛学舎とは群馬県育英会運営の群馬県出身男子大学生のための学生寮。場所は千歳船橋。インターネットで調べたら、「平成17年度上毛学舎入寮者募集」となってるので、現役続投中の模様。我々がそこに住んでいたのは、大学1年と2年の時で、1980、1981年。今から約25年前。モリ君は44才、新婦はモリ君より12、3才若いとのこと。

♪俺たち、プロレスバカ仲間 ハッ。

 モリ君は新郎だったので会話は少なめ。学舎時代、モリ君は岩井の部屋にて『ブッチャー、最高だぜーッ、○×■▲√〆▲、マラハー』と叫んでいた記憶あり。確か天気のいい日の昼間だった。モリ君は全日ファン、自分は新日ファンでよく議論したものだ。寮のベッドの上でつり天井≠掛け合ったこともあった。『たいしたことないと思ったけど、やっぱり、痛ぇーや、岩井君』。
 (注:以降、『 』表示は20数年前の会話、「 」は現在の会話)

 披露宴の岩井のテーブルには学舎仲間のセンセーとケンちゃんがいて、そいつらもプロレスファン。センセーは大仁田FMWの旗揚げ戦に岩井を誘ってくれていっしょに見にいった人。『異種格闘技戦があって、大仁田はもちろん、弱いんだけど、相手も町の空手家みたいなやつで、しょぼいんだな、これが。で、行くよね、後楽園ホール』。

 お色直しの間もついつい、プロレス話に花が咲いていた。「全日ファンの方がオトナだったよねぇ。リックフレアーとか楽しめちゃうんだからさぁ」と岩井が言った瞬間。「リックフレアーがやられたあと、3歩、歩いて倒れるのがいいんだよなぁ」とモーションつきで乱入してきた者あり。カメラ係として会場内にいたモリ君のお兄さんだ。モリ君アニキとはこの日が初対面。どうやら、遺伝子の組成がモリ君と同じらしい。

♪アニキも、プロレスバカ仲間 ウッ。

 センセー、ケンちゃん、岩井は披露宴のあとに居酒屋に言った。けんちゃんはそこではらしい<gーク全開。( )の中は岩井の解説。
「やぁー、ローランボックはいいわぁ。暗くて、ハゲてて、性格も悪かったらしい。プロレスラーはあぁでなくっちゃ」(テレビでちょっとしかみてないのに)。
「冬木のこういうのは生でみたけど、かっこよかった。マジで背筋がブルッとした」(ブリブラダンスの振り付き)。
「やっぱり、俺らの原点はタイガージェットシンだ」(と言っても猪木が原点なのが前提の話)。
「関川って名前で、消防署の方に何時何分にどんな感じで火を使うという許可願いが来てたけど、それは、ポーゴのことだった」(田舎は情報が筒抜けらしい)。

 居酒屋での後半戦、昔から価値観≠ノ関する話が好きだったケンちゃんが、こう言った。「うちら、『お金だけが人生の目的じゃない』っていう路線で・・・」。そうねぇ、そうかもね。あんまり、考えたこともなかったけど。確かに、あんたら(岩井含む)、お金が人生の目的じゃなさそうだ。

 プロレス好き≠ニお金だけが人生の目的じゃない人≠ニは高い相関関係があるというのが今回(というか、20数年かけて?)、出来た仮説。
posted by いわいまさか at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ターザン講座用記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。非常に懐かしく拝見させて戴きました。
私も25年前に上毛学舎に居ました。
私は4年間居ました。
たまたま、今日労働金庫に勤めているT君と上毛学舎時代の思い出を語たってました。(酔った先輩に夜中起こされたことや学舎際で騒いだことなど・・・。)
当時の人たちに会いたいです。
Posted by 上毛学舎時代を懐かしく思う者。 at 2006年05月24日 23:03
コメント、ありがとうございます。
学舎祭のスゴサが印象に残ってます。
自分岩井とは面識のある方でしょうか?
Posted by いわいまさか at 2006年05月25日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10058264

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。